布団をキレイに保つ

アレルギー症状を緩和させたい方に必見!布団のアレルギー対策を解説します

悩んでる人
悩んでる人
  • 布団に入ると体がかゆくなったり、アレルギー症状がでるのはなぜ?
  • 布団でのアレルギー症状を緩和させるには?
  • アレルギー対策用の布団はある?

こういう悩みが出てきてしまうのにも理由があります。

中沢ハルキ
中沢ハルキ
今回はこの質問に答えていきましょう。
本記事の内容
  • 布団がアレルギー症状を引き起こす原因
  • アレルギー症状の緩和には、布団を清潔に保つことが重要
  • アレルギー対策用の寝具について

アレルギー症状がでると、睡眠の妨げにもなることもあります。

この記事を読むことによって、布団に入るとアレルギー症状がでる原因と、布団でのアレルギー症状を緩和させる方法がわかります。

それでは早速お伝えしていきます。

布団がアレルギー症状を引き起こす原因

ダニや花粉などアレルギーの原因物質が付着しやすい

布団には、ダニやダニの死骸やフンなどのハウスダストや花粉などアレルギー症状を引き起こす原因物質が付着します。

特に、ダニは湿ったところが大好きなので、湿気の多い季節はもちろんのこと結露のでやすい冬も要注意です。人間は寝ている間にも汗をかくので、布団は湿気が大好きなダニやカビは繁殖しやすくなります。

人間のフケも、ダニの餌になるのでハウスダストの繁殖の原因にもなります。

寝返りや布団を動かすたびにアレルギーの原因物質が空気中にまう

アレルギー症状を引き起こす原因物質は、寝返りや布団を動かすたびに空気中にまいます。

ですから、布団を叩くと布団の内部に蓄積されたアレルギー原因物質が布団の表面にでてきて、アレルギー症状を引き起こす場合があるので要注意です。

アレルギー症状の緩和には、布団を清潔に保つことが重要

どのような方法で布団を清潔に保つかをお伝えします。

布団カバーを使う

布団をこまめに丸洗いするのは、大変なので布団カバーを使い、こまめ洗うのがおすすめです。

アレルギー症状を引き起こす原因物質のひとつであるダニアレルゲンは、水溶性のため、洗濯機でほぼ洗い流すことができると報告されています。

布団カバーは週に1回ぐらいを目安に洗濯しましょう。ダニは乾燥に弱いので、洗濯後はしっかりと乾かしましょう。

布団に掃除機をかける

重労働にはなりますが、掛け布団と敷布団に掃除機をかけましょう。

布団1枚に5分ほど時間をかけて、表と裏、両面をゆっくり丁寧に、掃除機をかけましょう。

布団専用の掃除機もありますが、普通の掃除機の布団専用ノズルを付け替えて使えば、十分だと思います。

布団を丸洗いする

アレルギー症状を引き起こす原因物質は、布団の表面だけではなく、布団の内部にも蓄積します。

布団はものによりますが、家で洗うことも可能です。

しかし、布団はクリーニングに出す方が、しっかり汚れが取れるのでおすすめです。

布団クリーニング会社もたくさん種類があり、中には肌が弱い方に安心の無添加洗いの布団クリーニング会社もあります。

布団のクリーニングの料金は、会社によって違いますが、だいたい1枚数千円と高くはありません。寝具を何枚か一緒にお願いすると、料金がお得になる会社も多いです。

布団の丸洗いはおすすめですが、布団は洗えば洗うほど、布団のふわふわ感が減ってしまうので、数年に1回ぐらいのクリーニングがおすすめです。

アレルギー対策用の寝具について

アレルギー対策用の寝具とは

アレルギー対策用の寝具とは、通気性の良いものや、洗いやすいもの、繊維が細かく編まれていてアレルギーの原因物質が付着しにくいなどの特徴があります。

色々な種類のものがあるので、肌やライフスタイルに合うものを選びましょう。

デメリットとしては、医療機関などですすめられている確かなものは、普通の寝具よりお値段が高いものが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。こまめに布団のお手入れをして、布団を清潔に保ち上質な睡眠を手に入れましょう。